2011年11月03日

Jコミプレミアムで「エロ河童」公開です!

EroGappa.jpg

Jコミプレミアムで「エロ河童」公開中!
です!!


 なので、ついでに作品解説…というほどではないですけど。

Jコミプレミアムさんで司書房で景えんじが描いた「エロ河童」が公開になりました。
タイトルがなかなか決まらなくて困ったんですよ。苦手なんです。ふわふわとした英語でスタイリッシュな感じにするのもなんだか嫌で…。担当さんも随分困っていたようです。
 
で、作品解説。
たぶん…全部かな?アンソロジーコミック収録で何かしらのテーマを貰って描き始める事になるんですけど、このテーマが配られるのが遅くて遅くて…。だから、ほとんどの漫画がパッとでた思いつきで、熟考なく描かれたものです。
今描いてるものが熟考を重ねているかどうかというと疑問ですけど…。

■エロ河童
 「スクール水着」ネタ。
 スクール水着=ロリっていう定説に逆らって、スクール水着先生が出てきます。
 ネームのときに「この少年が幼すぎるんでもうちょっと大人にしてください」と言われ直しました。どないやねん。

■彼女のシルシ
 「女教師」ネタ。
 女の人にバッシバシと殴られるのがご褒美だっていう投稿を2ちゃんねるで読んだんで。
 ワーキングの伊波さんとは違うタイプのナグデレ。

■シセン…
 「姉弟近親」ネタ。
 司さんはほんとに近親ネタ好きやなぁ…。何回描いたかなぁ。未収録のもあるんですよ、覚えてないけど。

■エガオにあいたい
 「」…なんだったかなぁ?
 多分、初めて描いた背の高い女の子モノですよ。

■寄生人
 「」…これも忘れた。
 珍しいですよね、このパターン。全然救われない話。
 当時、なんか嫌な事でもあったのかな?

■しあわせになれない
 「姉弟近親」ネタ。
 司さんはほんと近親ネタ好きやなぁ。

■閉塞 / 面影
 司さんはほんと…。
 あぁ、これは前後編に見えますけど、違うんです。
 たしか、先に「面影」があって、後に何かのテーマが配られたとき(数ヶ月後)に「閉塞」と描いたんです。なにしろ、アンソロ本で連作とかちょっとできないですしね。もうちょっとテーマを前もって配ってくれればやりようもあったんですけど。
 単行本化になったときに並んでて、あぁ気が利いてるなぁと思いました。

■だけど、今だけは…
 司さんはほん…。「母息子近親」ネタ。
 近親ものは簡単に幸せになってはいけないと思ってるんですよ。ちょっと違うかな。簡単な幸せを得てはいけない…かな。
 でも、これらの中でキャラクターたちが幸せかどうかというと、幸せなんですよ。たぶん。普通の人にはわからないような。
 
■路地裏忍法合戦
 司さんは「くノ一」ものが大好きやで…。
 
 
 教師生徒モノは生徒が未成年になっちゃうし、近親ものはそもそも…と、条例でどれもこれもアウトですね。マークついてるからいいのかな?まぁ、時代だったんですね。
posted by 尾野けぬじ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | DL販売
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49800645
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック